Q1 : ファブアカデミーの受講料はいくらですか。

ファブアカデミーの受講料は、5,000USDです。ファブアカデミーの受講を決めたら、ウェブサイトから参加登録を行って、国際送金で支払う必要があります。
まず登録時にデポジットとして2,000USDを支払います。受講が承認されたのち、残りの3,000USDを支払います。


Q2 : ファブアカデミーで何が身につきますか?

レーザーカッター、3Dプリンタなどファブラボにある標準機材を個別に使うだけでなく、
複数の加工法を組み合わせ、工房の能力を統合的に駆使したより高度なデジタルファブリケーションを学ぶことができます。
また、クラスを受けることで世界中の受講生やチューターと繋がりを育むことができる他、ファブラボの運営についても触れるので、
技術面のみならずマネジメント面においてもファブラボの立ち上げに必要な知識を得ることができます。


Q3 : ファブアカデミーを卒業するためには何が必要ですか?

卒業の判定には、毎週の課題を提出することに合わせて、最終製作を完成させる必要があります。
そして何より大事なのはドキュメンテーションです。作っていく過程を細かにまとめ、
ウェブにアップロードすることで自身の体験を世界と共有する事が求められます。
修了時には、このデータは自身を紹介するポートフォリオとなるでしょう。


Q4 : 受講時間はどのようになりますか?

ファブアカデミーの中心となるニール・ガーシェンフェルド教授の講義は、毎週水曜日のPM11:00からAM2:00までとなります
(サマータイムはPM10:00からAM1:00)。水曜日の講義以外は、ファブアカデミーを実施しているローカルのファブラボで実際に製作するための時間になります。
詳しくはお近くのラボへお問い合わせください。


Q5 : 仕事を続けながら参加し、卒業することは可能ですか?

仕事をしながらコースを受講することは可能ですが、学ぶ内容が多岐に渡るためとても大変です。
睡眠時間を削って課題製作する覚悟が必要です。ファブアカデミーでは毎週の講義3時間を含めて、週に16時間課題製作に費やすことが求められます。


Q6 : 英語のスキルはどのくらい必要ですか?

講義はすべて英語で行われます。また課題の提出、課題の発表もすべて英語になりますので、
英語を聞いて理解でき、自分の意見を伝えるだけのスキルが求められます。流暢な英語を話せる必要はありません。
世界各国から様々な母国語を話す人たちが参加しますので、意思疎通できることが最も重要です。